MENU
地域の声に耳を傾け、住民目線の街づくりを!

泉大介は、こんなことをしてきました。
2007年より、【枚方市にぎわい空間創出事業】として、ボランティアイベント《ミルキーウェイライブ》を開催。
デイサービスなど老人介護施設への訪問、地域やNPOイベントへのボランティア参加。

泉大介プロフィール

昭和57年2月生まれ(37歳)
維新政治塾第4期生
おきのえらぶ島観光大使(歌手)
山之上幼、山之上小、 村野中、府立西野田工業高、 大阪工業大学卒

高校時代は生徒会長、レーシングカヌー部部長を勤め三年連続国体出場。
大学時代は昼は現場、夜は学業に勤しむ。卒業後はボランティア活動で歌手として介護施設への訪問や音楽イベントを行う。枚方市民会館大ホールでDiceK(ダイスケ)ライブを開催。SHOGUN芳野藤丸プロデュースでCDアルバム2枚全国発売。
両親の生まれ故郷 奄美群島《おきのえらぶ島観光大使》を拝任。2018年、新歌舞伎座 川中美幸公演で歌手・俳優として出演。

「地域が主役」の政治をとり戻す!

日本を元気にするためには地域の元気が必要です。
年々、子供の数は減り、高齢化が進んでいく…といった今の日本の問題も地域が自分たちで対応策を考えていくことが大切です。
しかし、ライフスタイルの多様化によって地域の繋がりは薄くなり、SNSでは世界中の人と繋がっているのに、隣の家の人の顔すら知らない『無縁社会化』が進んでいます。
今こそ、住民一人一人の繋がりを再確認し、緊急災害時の対応や治安の低下、子供や高齢者への取り組みなど、いざと言う時に助け合うことが出来る地域作りが必要です。
『地域が主役』の時代を力強く後押しする、地域政党《大阪維新の会》だからこそ枚方市民の目線に立ち、取り組むことが出来ます!

・議員報酬 月額20%カット。
・技能労務職員の給与水準の適正化。
・市税等の収入確保。
 (未収金対策の強化、ふるさと寄付、市有地の有効活用)

・ゼロ歳児からの幼児教育無償化。
・待機児童の解消、いわゆる隠れ待機児童の実態把握、解消。
・保育士の処遇改善、確保。

公共施設の避難所の環境整備協働による防災・防犯体制の強化

・民間・NPO・地域の連携強化。
・住民が主役となって考える実践型講座。
(避難所運営ゲームや災害図上訓練など)
・地域のコーディネーター(調整役)や、担い手の育成支援。

現在、大阪の訪日観光客は5年で5倍、2017年には1,100万人を超えています。
大阪・京都をつなぐ枚方が観光客需要に対して受け皿になりえるように取り組みます。

・枚方市駅前にイベントや国際会議などの行える機能を持つホテルの誘致。
・枚方市駅前再整備の早期着手(着工)。
・民間提案による市駅前公園での賑わいづくり。

最新記事

Copyright © Izumi Daisuke All Rights Reserved.